歯医者さんとタバコのつながりとは

タバコを吸っている人は歯医者さんと仲良くしておこう

歯医者さんの正体

今では私たちの身の回りに当たり前に存在している歯医者さんですが、その中身とはどうなっているのでしょうか。

まずは歯医者さんがどんな病院なのかとご紹介しますと、歯もしくは歯に関連した組織に関する疾患や病気を扱う科になっています。
なので歯に異常が出たらまずは歯医者さんに駆け込むとなんとかなるかもしれないということですね。
ちなみに、大きく分けると外科の仲間になります。

また、一言で歯医者さんと言いましても合わせて四つの種類が存在しています。
一つ目が虫歯や歯周病を治療している一般歯科、いわゆる「歯医者さん」がこのタイプになります。
二つ目は、歯並びの矯正を行っている矯正歯科があります。
三つ目は、お口の中の疾患や病気の治療をしている口腔外科があります。
そして四つ目が、子どもさん用の小児歯科が存在しています。

こんな裏話がある

そんな歯医者さんには意外と知られていない話が存在しています。

実は、日本の場合は普通のお医者さんと歯科医師では免許が分かれています。
なのでもし、歯医者さんと他の科が一緒になった病院を開きたいのであれば、その両方の免許を取るのがいいでしょう。

また、歯医者さんには私たちが思っている以上にたくさんの人たちが働いています。
まずはメインの歯医者さん、その他には歯科衛生士さんがいます。
歯科衛生士さんは、予防処置や医師のサポート、そして歯磨きのやり方などの患者さんへの指導を行っています。
その他には、詰め物を作っている歯科技工士さん、受付などの雑務をする歯科助手さん、病院によっては放射線技師さんや言語聴覚士さんも雇っています。


シェア
TOPへ戻る